ショートカットメニュー 本文内容のショートカット メインメニューのショートカット

主要案内

HOME Sitemap
言語を選択する 한글 ENG 中文 facbookリンク
献立
close
 
메뉴선택 메뉴 △메뉴 ▽
HOME

제목

プリントする アドレスをコピー

治療事業およびパーソナライズ支援

事業目的

日本軍「慰安婦」被害者の方々が受けた身体的・精神的苦痛を和らげ、幸せで楽に余生を送ることができるように支援

根拠

「日帝下日本軍『慰安婦』被害者に対する生活安定支援および記念事業などに関する法律」第2条の2

事業内容

遂行手続

補助金交付申請書の受付 補助金交付申請書の受付
事業計画の検討 事業計画の検討
事業遂行者の選定および申請金額の調整 事業遂行者の選定および申請金額の調整
事業支援 事業支援
評価 評価

事業遂行者の選定基準

  • 日本軍「慰安婦」被害者問題に対する歴史認識および被害者の方々の個人史に対する理解にもとづき、被害者の方々に対して良質のサービスを提供できる専門性を有する団体
  • 被害者と情緒的な絆を形成し、支援対象者の履歴と生活の実態に関する情報をすでに把握している団体

事業内容

  • 在宅訪問活動支援 : 定期的に被害者の在宅を訪問し、日常生活に必要な活動を支援する。被害者と事業遂行者が持続的かつ漸進的な人間関係を構築し、被害者の方々が情緒的な安定を保てるように支援する。
  • 趣味活動の支援 : 美術、歌、体操(ヨガ)など、様々な趣味活動を支援し、被害者たちが日常生活の中で活力と幸せな感情を保つことができるように支援する。
  • 外出活動の支援 : 外食、温泉、寺院拝観、花見、公演の観覧など、被害者たちの嗜好に合う活動を支援する。被害者たちが社会的・文化的変化を体験し、社会への適応能力を保つように支援する。
    - 国際イベントへの参加など、海外訪問を支援する場合、女性部へ事前に要請すること。
  • 健康・治療支援 : 医療保険が適用されない医療ニーズ(韓方、西洋医学、歯科、救急などの診療)を把握し、満足のいく医療支援が受けられるようにする。
    - 国外居住者の場合、予算の範囲内で治療費や故国訪問の費用を支援することも可能。
  • パーソナライズ支援 : 住宅の改修および補修、車いすなどの移動補助器具、義歯などの健康補助器具の支援